ガイシューイッショク!11話を無料で読んだあらすじとネタバレ

 

このサイトではeBookJapanが用意しているスマホアプリをダウンロードして好きな漫画を無料で読む方法も紹介しています。

 

 

第11話 母の愛

 

もし負けたらエロ勝負の事を親に報告するというみちるの脅しに動揺してしまう広海。

 

 

そんな広海を見透かすかのように「何あんた まさかびびってんの?」とみちるは言ってきた。

 

 

こんな事を親に知られるわけにはいかないので、広海はもう勝ちにいくしかなくなった。 今までのように紳士的にはいかんぞ、と思いながらみちるの股間を見つめる。

 

 

あそこを徹底的に…と想像しただけで勃起しそうになってしまった。 戦おうとすると勃ってしまう。 これでは勝てるわけがない。

 

 

でも、今日は負けるわけにはいかない。 親の顔が目に浮かぶ。 どうやって戦うか必死に策を練る広海。

 

 

親? そうか! 突然いい作戦を思いついた。

 

 

名付けて「親のことだけを考えて、チン静化大作戦」

 

 

 

 

勝負時間を計るタイマーのスイッチを入れると、広海の顔は急に死人のような不気味な顔になった。

 

 

それを見て、「何をするつもりなんだろう」と気味悪がるみちる。 思わず笑ってしまう場面だ。

 

 

広海は人差し指と中指で、ホットパンツの上からみちるの秘部に触れた。

 

 

まさかそんなところを触ってくるとは思っていなかったみちるは、驚いてビクッとなった。 恥ずかしさのあまり震えてしまい、歯がカチカチと鳴った。

 

 

「つ、つ、ついにやりやがったなこの変質者が… ど、どこに触ってもいいとは言ったが…しれっと本当にそんなとこ触るとか… この事はきっちりご両親に報告させてもらうからな」

 

続きは実際に読んでみてください。

➜漫画を安全に無料で読む方法

 

第12話のあらすじ・ネタバレはこちら