ガイシューイッショク!12話を無料で読んだあらすじとネタバレ

 

このサイトではeBookJapanが用意しているスマホアプリをダウンロードして好きな漫画を安全に無料で読む方法も紹介しています。

 

 

第12話 殺意

 

※記事のタイトルにあらすじとは書いてありますが、面白いと思った場面は細かく紹介しています。 これはこのページに限った事ではありません。

 

広海はホットパンツの隙間に指を入れ、ぐいっと横にずらすとみちるの一番恥ずかしい部分に口をつけ思いっきり吸った。

 

 

「ぼびぶべえええ」

 

 

感じて足の指を丸めるみちる。

 

 

 

びくっと脚や顔が反射的に動く。

 

 

みちるが脚で広海の首を軽く締めてきた。息苦しくなったが、秘部を吸うのを強めるとみちるの力が抜けて脚が開いた。

 

 

深呼吸をする広海。

 

 

広海「どーだ 落ち着いたか?」

 

 

みちる「おま… はなれろっ」

 

 

広海「俺の勝ちか?」

 

 

みちる「んなわけねーだろっ」

 

 

広海「なら…勝負続行だ!」またみちるのホットパンツをめくり、吸い始めた。

 

 

 

みちるはさっきより強く脚で広海の首を締めてきた。

 

 

みちる「殺す」

 

 

広海はとても息苦しくなって、みちるの太ももをパンパンと叩いた。

 

 

ん゛ーーーー ちょっ… 息が… これはまじで… 死…

 

 

みちる「早く逝け」

 

 

このままではまずいと思った広海は舌でみちるの大事な所を「れろっ」と舐めた。

 

 

 

みちるが感じて力が抜けて、また脚がパッと開いた。

 

 

「ぶはっ 助かった」 深呼吸をする広海。

 

 

みちる「なめんなっ!」 また首を締めてきた。

 

 

こうなったら もう… もういいよな… なめまくって力を削ぐ!

 

 

レロレロレロレロ

 

 

みちるのワレメに沿って、広海はいやらしく舌を動かす。

 

 

 

ゾクゾク…ゾクゾク

 

 

今まで経験したことのない快感にしびれるみちる。

 

 

しかし、力をふり絞ってまた首を締めてきた。意識が朦朧とする広海。だが、さっきほどの力ではなかったので広海はなめ続けた。

 

 

みちるははぁはぁ言いながら見上げると、ある物に気づいた。広海のジーパンにナマコ状のふくらみがあったのだ。

 

 

みちるは手を上に伸ばした。どきどきしながらナマコ状の物をちょんと指で押してみた。

 

 

 

広海がビクッとなった。

 

 

みちるはナマコを指でぐりぐりしてみた。

 

 

やばいバレる… 広海は腰をさっと上げてみちるの指から逃げると、ごまかすかのように舐め方を激しくした。

 

 

はーはー言って感じるみちる。喘ぎそうになって手で自分の口を押さえた。

 

 

ついにみちるが負けるのか?

 

 

喘ぐのをこらえながら、ふと広海の股を見ると、硬いジーンズの生地に打ち勝って広海の肉の棒がビンと勃っていた。

 

 

「わ…私の勝ち」

 

 

広海は力尽きてぐったりとなっていた。

 

第13話のあらすじ・ネタバレはこちら

 

➜漫画を安全に無料で読む方法はこちら