ガイシューイッショク!12話を無料で読んだあらすじとネタバレ

 

このサイトではeBookJapanが用意しているスマホアプリをダウンロードして好きな漫画を安全に無料で読む方法も紹介しています。

 

 

第12話 殺意

 

※記事のタイトルにあらすじとは書いてありますが、面白いと思った場面は細かく紹介しています。 これはこのページに限った事ではありません。

 

広海はホットパンツの隙間に指を入れ、ぐいっと横にずらすとみちるの一番恥ずかしい部分に口をつけ思いっきり吸った。

 

 

「ぼびぶべえええ」

 

 

感じて足の指を丸めるみちる。

 

 

 

びくっと脚や顔が反射的に動く。

 

 

みちるが脚で広海の首を軽く締めてきた。息苦しくなったが、秘部を吸うのを強めるとみちるの力が抜けて脚が開いた。

 

 

深呼吸をする広海。

 

 

広海「どーだ 落ち着いたか?」

 

 

みちる「おま… はなれろっ」

 

 

広海「俺の勝ちか?」

 

 

みちる「んなわけねーだろっ」

 

 

広海「なら…勝負続行だ!」またみちるのホットパンツをめくり、吸い始めた。

 

 

 

みちるはさっきより強く脚で広海の首を締めてきた。

 

 

みちる「殺す」

 

 

広海はとても息苦しくなって、みちるの太ももをパンパンと叩いた。

 

 

ん゛ーーーー ちょっ… 息が… これはまじで… 死…

 

 

みちる「早く逝け」

 

 

このままではまずいと思った広海は舌でみちるの大事な所を「れろっ」と舐めた。

 

 

続きは実際に読んでみてください。

➜漫画を安全に無料で読む方法はこちら

 

第13話のあらすじ・ネタバレはこちら