ガイシューイッショク!18話を無料で読んだあらすじとネタバレ

 

このサイトではeBookJapanが用意しているスマホアプリをダウンロードしてまんがを安全に無料で読む方法も紹介しています。

 

 

 

第18話 スピーカー

 

広海は電話しているみちるの後ろからおっぱいに触った。

 

 

みちるは広海の手をひじで払いのけた。 みちるはスマホの消音ボタンを押して広海の脇腹をひじで小突くと

 

 

「殺すぞ」

「大事な仕事の電話中に いい歳こいてやっていいことと悪いことも分かんないの?」

 

 

広海「知るか、そんなもん こっちの話の途中で勝手に始めた電話だろ」

「いいから気にせず話しとけよ その代わり、こっちも勝手に勝負させてもらう」

「それともあれは強がりで、触られるのが気持ちよすぎて普通には話せませんって言うなら、終わるまで待っといてやるよ」

 

 

みちる「好きにすれば ただし、負けたそん時はてめー 覚悟しとけよ」

 

 

みちるは電話での会話を再開した。

 

 

せいぜい無視しとけ… 喘がせてやる…

 

 

石井《おっぱいを揉むシーンですが、もう少し画面を引いて全体を見せませんか?》

 

 

広海がまた後ろからおっぱいを揉んできた。

 

 

 

石井とみちるはおっぱいのシーンの話を続けた。 広海もおっぱいを揉み続けた。 みちるの頬は赤い。

 

 

石井《じゃあ次》

《確認なんですが、6ページでTシャツの中の水着を脱がせて、そこから9ページまではTシャツの布越しで乳首は見えないんですよね?》

 

 

広海は太ももを触ってきた。

 

 

手は少しづつ移動して、みちるのパンツの方へ…

 

 

みちるは石井の言うことをメモしていたが、広海が触ってくるので集中できずにうまく書けなくなってきた。 シャーペンの芯が折れた。

 

 

みちる「この…クソが……ちょーしに…乗るなよ」

 

 

石井《え?》

《まあさすがに大変ですよね これ全部直すのは…》

 

 

みちる「いえ 違うんです…こ、これは」

「こ…小虫がさっきから…うっとーしくて……つ…つい」

 

 

石井《そ、そうですか》

 

 

広海の指がパンツの中にすべり込んできた。 みちるのアソコはもうぐっしょりしていた。 ちなみに、今日のみちるはセクシーな黒い下着をつけていた。

 

 

続きは実際に読んでみてください。

➜好きなマンガを安全に無料で読む方法

 

第19話のあらすじ・ネタバレはこちら