ガイシューイッショク!22話を無料で読んだあらすじとネタバレ

 

このサイトではeBookJapanが用意しているスマホアプリをダウンロードしてコミックを安全に無料で読む方法も紹介しています。

 

 

22話 くいっ

 

※記事のタイトルにあらすじとは書いてありますが、面白いと思った場面は細かく紹介しています。 これはこのページに限った事ではありません。

 

マッサージを延長してもらったみちるは「じゃあ私もう寝るね」と言った。

 

 

広海はタイマーのスイッチを入れた。

 

 

みちるはうつぶせになっている。 広海はみちるにかけてあるバスタオルをパンツが見えるところまでたくし上げた。

 

 

すると、みちるが寝ながら振り向いて広海の方をじーっと見た。

 

 

広海「どうかした?」

 

 

みちるはしばらく睨んでいたが、「寝る」と言ってまたうつぶせになった。

 

 

「よし、太ももいくな」

 

 

広海はアロマオイルを付けた手でみちるのすべすべした太ももをまさぐり始めた。

 

 

みちるは何も言わずにうつぶせになっている。

 

 

 

広海はみちるのひざのすぐ上の部分からだんだん上の方に手を動かしていった。

 

 

手が股間のそばにまで近づくと、太ももをつかみながらシューッとまたひざの方に両手を下げた。 あのマッサージ屋の女から盗んだ技だ。

 

 

再び太ももを揉みながら徐々の上に方に手を移動させていき、一番上まで来ると両脚の付け根をぐりゅんぐりゅんと撫で回した。

 

 

みちるはくいっっと少し腰を上げた。 どうやらかなり感じてしまっているらしい。 腰を上げたので紙のパンツが少し見えた。

 

 

広海がみちるの体から手を離すと、みちるの腰はぺたんと元の位置に戻った。

 

 

広海はさきほどの技をまた始めた。 ひざの上から丁寧に。

 

 

両手が秘部の近くまで来るとさっきよりずっと感じてしまったらしく、体がビクッと反応し、腰がくんっと思いっきり上に上がった。

 

 

広海が両手をまたスーッとひざの方に下げると、みちるの腰もまたスーッと下がった。

 

 

広海は再び太ももの上の方を揉み始めた。 そして偶然を装うようにスッとみちるのあそこに触れた。 これもあの女の真似だ。

 

 

みちるにこれといった反応は無い。

 

 

広海は、今度は足の裏とふくらはぎを揉み始めた。 すると、時間が来てタイマーが鳴った。

 

 

みちるは何も言わない。

 

 

広海がみちるの体をじっと見ていると、突然「ん~~~~~~~」と大きな声で言いながら、腰を上げ、両手を前に出して伸びをしたので広海はびっくりした。

 

 

「あーよく寝たっ えっ、もう終わってたんだ? 寝てたから全然気づかなかった 私いっぱい背伸びしてなかった?」

 

 

さっき感じてたのを背伸びだと言ってごまかそうとしているらしい。

 

 

広海「もう今日はこのへんにしとこうか?」

 

 

みちる「あ、そうね 今日のところはこのくらいで」 そう言いながら、みちるは広海のパンツを凝視していた。

 

 

勃起はしていなかった。

 

 

みちるはバスタオルをくるくると自分でたくし上げた。

 

 

パンツが見えるぐらいまでたくし上げると、「やっぱりまた延長で」と言った。

 

 

マッサージが相当気持ちよかったようだ。

 

第23話のあらすじ・ネタバレはこちら

 

➜漫画を安全に無料で読む方法